有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P7240012.JPGP7250016.JPGP7240014.JPGP7240011.JPG

JZA70の外装修理です。何度も塗装を重ねて塗られ下処理も最悪で剥離しないと塗装も出来ないくらいですが予算の関係上何とか綺麗になるように細部にわたり修正します。


2017/09/01

P7110142.JPGP7110145.JPGP7110144.JPG

トヨタのFF車両(車名はふせます)のロアアームブッシュは完全にちぎれ前後にタイヤを動かすとぐらぐらする状況でした。トヨタディーラーで部品はアームASSYしかなく片側5万以上の修理費と言われたそうです。ちなみにこのブッシュは数千円でした!


2017/08/10

P7060134.JPGP7060135.JPGP7060133.JPG

もうFT86もリアブッシュも寿命(競技やパワーアップで使用とは違いますよ)により交換が出てきています。昔よりあきらかに寿命は短い感じがします。何故でしょうか?品質が落ちている?


2017/08/07

P6270108.JPGP6230096.JPG

ヘッドライトの黄ばみ修理。専用の磨きグッズは沢山販売されていますね。しかし施工直後が綺麗ですが3か月後は黄ばみが出ていませんか?半年も経てば完全に黄ばんでいるのがこれらの現状です。その為、当社では画像の様に研磨しクリアー塗装で修理します。1年以上たってもクリアなままですよ。


2017/08/05

P6170071.JPGP6170066.JPG

1JZの5速ミッションの内部、破損フォークです。


2017/08/03

P6170066.JPGP6150049.JPGP6190072.JPG

1JZの5速ミッション修理です。ドリフトなどでの過激なシフトチェンジなどでこのようにフォーク折れ、ギアシンクロ不良など起こしたようです。ベアリングも交換しオーバーホールしました。


2017/08/02

P6290117.JPGP6290115.JPG

4WDのトランスファーの連結スプラインです。メンテナンスを怠るとこの様に錆などで素材が弱り消耗が起き変形しています。整備知識がないとわからない事ですのでくれぐれも本当に整備知識が有る?整備士にメンテナンスしてもらいましょう!


2017/08/01

P6130033.JPGP6130035.JPGP6130034.JPG

ターボエンジンにレギュラーガソリン入れて全開走行を高速道路でした結果です。今のCPU制御ではフェールセーフによりここまではいかないでしょうが一昔のターボ車は大変危険状態になります。ノッキングによりピストン溶解、ガスケット抜け、シリンダークラック…。当然エンジン全壊です。エンジン載せ替え修理。くれぐれもターボ車にはハイオクを!(安いガソリンは危険がいっぱいですよ)


2017/07/15

P6090011.JPGP6090016.JPG


ロータリー定番のオイル漏れです。FD3Sもかなりの年月が経っていますのでシール類は限界にきているものが多いですね。リアからのオイル漏れはこのハウジングのOリングが殆どでゴムがプラスチック化しています。このハウジングの脱着は慎重に行わないと大変な事になりますので注意が必要です。P6090015.JPG


2017/07/12

P6050009.JPGP6050012.JPGP6050011.JPG

T88仕様(中古タービン)取付けです。ポンカムでエンジンの状態も考慮し600PSに抑えてのV.PROでSETTINGです。3速からの加速はいつ乗ってもヤバいですね。


2017/07/03

<< 2/33 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923