有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P1200023.JPGP1200026.JPGP1200024.JPG

内装の天井下がりトラブル。輸入車に多いと言うか(特に欧州車)殆どが下がっていますね。この様に近年の欧州車などコストダウンが激しく品質がかなり落ちていますね。国産車の方が近年は性能、品質含め上ではないかとよく思います。


2018/02/05

P1270040.JPGP1270042.JPGP1270041.JPG

RECARO究極のフルバケットPRO,RACER.RMSが販売されます。
先ず価格はカーボン製が486000円、FPPが156600円(いずれも税込み)
日本で基本設計され日本で製造されます。プロドライバーやレカロファンの方々から蓄積された沢山のデーターやリクエストを製品に反映された日本らしい細やかな配慮がされています。シート角度の見直し、車両上でのセッティングのしやすさ、そして外観からは想像できない快適性。新時代のシートです。現在予約受付中!!


2018/01/27

P1090026.JPGP1090025.JPG

画像の様に鉄板を正確に切り出し溶接しますので強度は十分に出ます。真っすぐな面ではないので大変な作業ですよ。


2018/01/24

P1090018.JPGP1090024.JPGP1090023.JPG

フロントカラスの枠には水が溜まりやすく錆が発生する場合が多々ありますね。放置するとこの様に腐食が進み錆部を削りとると大きな穴が開きます。鉄板をあて溶接接ぎ修理をします(強度が必要ない部分に関してはFRP修理も可能)


2018/01/23

IMG_1180.JPGIMG_1185.JPGIMG_1186.JPG

超ワイドな35GTR迫力あります!ポルシェのようにNSX/GT3公道車両がでれば良いですね。この32GTRのワイドキットはベースを崩さず細部に渡って大変似合っています。なかなかこの様に32GTR用で似合うエアロキットのが無いのです。


2018/01/17

P1120047.JPGIMG_1197.JPGP1120050.JPGIMG_1183.JPG

世界的に有名なケン・ブロックのデモラン(画像斜めですいません)懐かしい”マッドマックス”のインターセプター。ニュークラウンのカスタムカー(これも斜めでした!)


2018/01/16

P1120030.JPGP1120042.JPGP1120041.JPGP1120029.JPG

2018y、明けましておめでとうございます。昨年中は有難う御座いました。今年も変わらず宜しくお願い致します。
さて、年始はやはりオートサロンのレポートでしょうか。
今年の多い出品車両のイメージはオーバーフェンダー(ワイド化)、エンジンスワップ、LC500が多い、国産車の方がカッコよくなってきた。です。


2018/01/15

PC010057.JPGPB300048.JPG

ターボ純正鋳物マニホールドがぱっくり亀裂により破損。これは鋳物ですので鋳物の溶接をします。交換よりも当然安く出来ますよ。特殊な溶接なので普通の修理屋さんでは出来ないでしょう。


2017/12/13

PB280017.JPGPB280016.JPG

RECAROの座面破損です。経年劣化にて座面のラバーが破損します。耐久性のある部品に交換します。古いRECAROは要注意ですよ。


2017/12/09

PB220037.JPGPB220033.JPG

この半端ない輝き(当社で無機質材と有機質材とダブルで使用)
当社では県内でいち早くガラスコーティングを施工していました。最近では品質の悪いガラスコーティング(少ししか入っていないもの)が沢山横行していて、粗悪品を商売にしている技術も設備もない業者が多額な施工費をユーザーに請求しているようです。その粗悪品を塗ってもボディを磨くのでそこそこ綺麗に見え普通の人は納車時判断がつきかねます。どんな材料(ガラス材の種類)をどこにどう使い(場所によりコストバランス)下地はどのようにするのか(ポリッシャーのレベル)等をよく聞いてみてくださいね。


2017/12/07

<< 2/36 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923