有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P2180046.JPG

完全に固着、動作不良のインジェクターを再動作、超音波洗浄、パルステストにて完全に復活させます。


2020/04/01

P2170039.JPGP2200048.JPGP2170041.JPG

純正サイドスポイラーの割れ修理です。純正部品も絶版車になると高額な部品代ですね。この様に破損しても特殊な接合技術にて溶着しながら接合させます。完璧に治りますよ。


2020/03/31

P3100023.JPGP3100026.JPGP3100024.JPGP3100022.JPG

SR20DET仕様高耐久エンジンVOL3。今回インマニ、スロットル、フューエルレギュレーターなどはオーストラリア製を使用します、高霧化インジェクターも1000CCオーバーのものです。最近では大手日本メーカーの物でも製作は南アジア製が増えトラブルが出始めていますのでより信頼できる製品にチェンジします。


2020/03/10

P3120050.JPGP3140010.JPGP3130007.JPGP3110046.JPG

SR20DET高耐久エンジンVOL2。燃焼室も高ブースト仕様にし組み付け完成です。


2020/03/05

P3100029.JPGP3100043.JPGP3100042.JPGP3100030.JPG

SR20DETの400PS仕様高耐久エンジン製作です。400PS仕様は簡単に作れますがノーマルブロックではそのあたりが限界です。従ってスリーブを打ち換え高耐久仕様のSRエンジンにします。ピストンも0.5UPに留め耐久性を重視します。再度測定し確認し組み付け作業に入ります。


2020/03/02

P1270348.JPGP1300354.JPGP1270349.JPGP1240341_1.JPG

AUDI A4 エンジントラブルVOL3。油圧は完全に回復し修理依頼は完了しました。しかし点検中チェックランプが点灯し再度点検です。当社に入庫時あまりエンジンに良くない不整脈が有り気になっていました。調べるとVVTユニットに不都合がありこれが原因で不整脈?が有ったのです。フィルターの部分がちぎれてラインを塞ぎ気味でコントロールしきれていなかったのです。部品は対策品になっていました。AUDIこれリコールにしないのかな?エンジン調子絶好調になりました!!


2020/02/10

P1200299_1.JPGP1200306_1.JPGP1200304_1.JPGP1200297_1.JPG

AUDI A4 エンジントラブルVOL2。オイルポンプも分解してみます(ASSYでしか部品は有りませんが…)やはり塗装が入り込みシリンダーが変形しています。油圧管理は先進的な制御でソレノイドで油圧の発生をオイルポンプのピストン位置にてコントロールしております。当然交換いたします。


2020/02/05

P1180291_1.JPGP1180287_1.JPGP1180288_1.JPG

AUDI A4 エンジントラブルです。ある液剤にてエンジン内部の塗装が剥がれオイルラインを塞いだようで取り除いたが油圧が上がらないと当社に修理依頼です。画像の様にまだ剥がれた個所が有りましたので部品を交換します。


2020/02/01

P1100112.JPGP1100091.JPGP1100104.JPGP1100109.JPG

トヨタの2L4気筒ターボエンジン、もうエキマニは有りません。新型コルベット、凄そう!!。中国製ウェーバーキャブ。精度大丈夫か?。


2020/01/20

P1100056.JPGP1100058.JPGP1100057.JPGP1100055.JPG

黄ばんで劣化したヘッドライトレンズの補修部品です。純正も出せばよいいのですが。クスコの瞬時にファイナルを交換できる大容量デフASSY,ロングストロークのサスペンション。  


2020/01/19

1/50 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923