有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P6030136.JPGP6030133.JPGP6030137.JPGP6030131.JPG

少しマイナーなトラブルですがキシミ音やカタカタ音など走行していると意外と気になる異音は経験されたことは皆有ると思います。その音が高周波的なキリキリ音になると我慢出来なくなりますね。シートのリクライニングシャフトのこすれによりキリキリした音が出ていました。ディーラーにて直したが再発との事でした。どこ直したの?と全くその形跡が有りません。シャフト研磨、モリブデングリスなどピタッと音はしなくなりました。当たり前ですが。


2017/06/12

P5240120.JPGP5240123.JPGP5240122.JPG

インジェクターはこの様に進化した大変霧化が良いマルチホールタイプを使用します。ハイカムに交換しますのでバルブタイミングも的確になる様調整式に変更、当然タイミングベルトも伸びが少ない強化タイプに変更です。


2017/06/05

P5190114.JPGP5230119.JPGP5230117.JPG

ピストンのカーボンを除去しヘッドガスケットはメタルタイプに変更します。ホース類は高耐久のシリコンタイプに交換します。スロットルはコーティングが施されているため必要以上の洗浄は禁物です。


2017/06/05

P5170107.JPGP5220116.JPGP5170108.JPG

この様にヘッドガスケットからオイルもにじんできていました。ホース類も使用の限界ですね。このRB26はカーボンは意外に少ない方です。


2017/06/04

P5160099.JPGP5170106.JPGP5160103.JPG

32GTRのヘッドガスケットやホース類などタービン交換に向けて交換します。
先ずは分解。プーリーボルトも固着で普通の力では回りません。


2017/06/03

P4280016.JPG

2JZ3.4L仕様TO4Zの腰下を更なる精度にて組みなおしてヘッドはハイレスポンスキット(一体型バルブリテーナーで)にてOH。細かい所でマルチホールIJ使用しV.PRO4.0に変更。


2017/05/13

P4250006.JPG
P4250007.JPG

実は随分前に作ったL型です。当初は銀PROで動かしていたのです(今は金PROですよ)エンジンも大変トルキーでハイレスポンスです。当然ダイレクト点火で特注TO4S-BBとの相性も抜群!!L型は凄いね。パワー出すだけなら他に沢山あるが何よりフィーリングが良いですね!


2017/05/10

P4200062_01.JPGP4200091_01.JPGP4200103_01.JPGP4200097_01.JPG

ライトは得意とするところですね。日本での安い車高調は殆ど台湾製ですね(最近は中国のもあるそうです)。温度計付きラジエターキャップ。


2017/04/24

P4200101_01.JPGP4200121_01.JPGP4200071_01.JPGP4200063_01.JPG

台湾のブレーキメーカー製造メーカー。まだまだ沢山有ります。


2017/04/24

P4200057_01.JPGP4200059_01.JPGP4200023_01.JPGP4200016_01.JPG

メーターを水の中に漬けて防水性をアピールしています。シリコンホースもかなり豊富にありますね。日本仕様よりかっこいいヤマハのスクーター。シビックも台湾ではこうなります。


2017/04/24

1/35 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923