有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P3090145.JPGP3090148.JPGP3090147.JPG

もう、すっかり定番になったガラスコーティング。なんでもかんでもガラスコーティングってうたっていますね。そうです!まがい物が多いのですよ!少しの成分を入れただけでガラスコーティングってのが多いのです。当社のガラスコーティングは県内初。当時はガラスコーティングって言葉もなかった時代です。成分は無機材97%の国宝にも使用されるもので、このビートルは更に新成分の有機材を上にダブルコートしました。現在、最強コーティングでしょう!!


2018/04/20

P3280016.JPGP3280014.JPG

FC3Sのハンドリングのウイークポイント(あくまでもフィーリング上)のトーコントロール。これが有るとお尻がグニャグニャするのです。キャンセルブッシュに交換します。


2018/04/12

P3060131.JPGP3060130.JPG

カムシール交換は結局タイミングベルト交換工賃と同じですからね。ベルト交換時はしっかり考えましょう。


2018/04/06

P3060133.JPGP3060132.JPG

普通に乗っているとオーナーさんは気づきませんよね?この様にパックリとラバーが切れています。


2018/04/05

P4020021.JPGP4020022.JPGP4020023.JPG

FC3Sワイド加工及び全塗装(AUDIのパール)ほぼ完了です。前回にもお伝えしましたがこのフルスポイラーは全てメーカーが違いますので綺麗に合わすことが肝心です。アライメントを調整し深リムを装着します。カッコイイですね。


2018/04/02

P3190174.JPGP3190175.JPG

BNR34/GTRのフロントアームのブッシュ交換です。実は34のフロント側は全く強化ブッシュがやむなく他のアーム(例えば33GTRの物に変更など)するパターンもかなり多いです。メンテナンス上のメリットもありますが34GTRのこの一体型アームの剛性感は後退します。唯一このピロブッシュに交換です。


2018/04/01

P2100020.JPGP2130024.JPGP2100022.JPG

3月はさすがに忙しくWEBもなかなか更新できませんでした。現在FC3Sはほぼ完成ですがこのようにチリが合わないスポイラーには大変苦労しました(いつもですが……)制度の高いエアロキットは少ないですね(綺麗に取り付ける場合は殆ど加工が必要)今回はフェンダー、バンパー、サイド、すべて別々のメーカーで取り付けるので当たり前ですが。


2018/03/31

P2100008.JPGP2100015.JPGP2100013.JPG

FC3Sのワイド加工VOL2です。フルエアロ取付けですがメーカーが全て違います。綺麗につながるようにキットを加工します。


2018/02/15

P2020002.JPGP2100009.JPGP2020004.JPG

FC3Sのワイド加工&フルエアロ&パールホワイト全塗装。より個性的に!そしてより自分流に!ワイド加工多くなってきましたね。先ずはリアフェンダー加工。


2018/02/10

P1200029.JPGP1220035.JPGP1220033.JPGP1200027.JPG

内装の天井下がり修理vol2です。画像の様に中の純正品はウレタンの劣化でどんどん剥がれてきます。従って応急的に接着剤などで貼り付けても直ぐにまた剥がれてきます。分解し完全に下地を出してケアし新しい素材で張り直します。因みにゴルフで純正交換は部品代だけで13万くらいします。しかもまた下がってきます。修理金額はほぼ半額で安心の日本製素材でしっかり貼り直します。


2018/02/07

1/38 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923