有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P8270009_01.JPGP8270011_01.JPGP8270010_01.JPGP8270008_01.JPG

ロードスター/オーバーフェンダー化です。全く合いません。改造後お楽しみに!!


2018/11/11

P9120042_01.JPGP9120043_01.JPG

自動車のコンピューターもこの様に自社にて基盤分解し修理可能の物も御座います。assyは高額ですので御相談を。


2018/11/06

P9120042_01.JPGP9120043_01.JPG

車のコンピューターが破損すると高額な修理費用が必要になります。しかし、この様に基盤を分解しコンデンサーなどを交換すると案外直るものも多いのですよ。特殊な機材は必要ですが。


2018/11/06

P9120042_01.JPGP9120043_01.JPG

車のコンピューターが破損すると高額な修理費用が必要になります。しかし、この様に基盤を分解しコンデンサーなどを交換すると案外直るものも多いのですよ。測定器、特殊な修理機材は必要ですが。


2018/11/06

P9120042_01.JPGP9120043_01.JPG

車のコンピューターが破損すると高額な修理費用が必要になります。しかし、この様に基盤を分解しコンデンサーなどを交換すると案外直るものも多いのですよ。特殊な機材は必要ですが。


2018/11/05

PA240001.JPGPA250006.JPGPA240004.JPGPA240003.JPG

ポルシェ997のクイックシフト交換です。911の純正マニュアルはシフトストロークは長いのでクイック感はうすいのです。カチッとしましたね。


2018/11/03

PA180063.JPGPA180066.JPGPA180065.JPG

今でも人気ある世界的名車ゴルフ2のATの修理です。しかし、国内には部品が無くなってきています(本国で真剣に探せば有りますが)、中古のミッションとついているミッション両方を分解し良い状態の部品で組み直しをします。


2018/10/27

P9130049_01.JPGP9130051_01.JPGP9130050_01.JPG

多く走っていますねワンボックス車両。よくある異音のケースです。エンジンとミッション。あの重たいユニットををフロントのラバーだけで支えているのです。振動でいずれは破損するのは当然ですよねオーナーさんは少しの異音だとそのまま乗っているのが多いですね。何と危険な事か!!こんな風になっていますよ!!ご注意を!!


2018/09/30

P9120037_01.JPGP9120039_01.JPGP9120038_01.JPG

同業者様よりエンジン不調の原因不明の修理依頼です。専門の数十万円もする完全オーバーホールエンジンASSYを購入し載せたらしいのですが調子が悪く手に負えないとの御相談でした。当社で調べた結果、なんと!バルブタイミングの組違い。何ともお粗末なエンジンを販売しているのでしょう!ビックリです。当然、調整後大変調子良く動きました!


2018/09/06

P7100019.JPGP7100020.JPGP7070018.JPG

レイアウトを変更しパイプを加工、もちろん抜け防止のリブもつけます。


2018/09/03

1/39 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923