有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P9100040.JPGP9100036.JPGP9100041.JPGP9100039.JPG

SOLEXも貴重品になってきました。サンドブラストし綺麗にします。before〜afterでかなり違うのが分かると思います。


2019/10/22

P9060018.JPGP9060025.JPGP9060019.JPGP9060013.JPG

Z33ツインターボ仕様メンテナンスです。分解しガスケット抜けを発見。水回りのメンテがまったくされておりません。レース用をストリートに使用してもあまりメリットはありません(サーキットでは別ですが)洗浄、歪測定します。


2019/10/18

P8240011_01.JPGP8270019_01.JPGP8240012_01.JPGP8220009_01.JPG

JZA80/シーケンシャルミッション化。RB26用の部品を移植し完成させます。
GTRのミッション、ドナーでした。


2019/10/15

P8270015_01.JPGP8270017_01.JPGP8270016_01.JPGP8220005_01.JPG

MINIのエンジンオイルを換えない結果スラッジでソレノイドが故障です。この様に繊細なフィルター部分があり汚れたエンジンオイルによりつまりを起こすのです。しかしディーラーの交換指定距離は破損を起こす距離ですね。ヨーロッパとは日本は使用環境が違うのにね。


2019/10/10

P8090218.JPGP8090221.JPGP8090220.JPGP8090217.JPG

冬の準備如何でしょうか?これからの北陸の季節は雨が多くなり車にとっては錆など発生させる嫌な環境ですね。しかしヨーロッパ車のアンダーボディは全く錆びていない事が多いのです。それは画像に使われている強靭なアンダーコートのおかげなのです。当社ではBMW、ベンツなど多くの車両で純正採用されていおるアンダーコートで綺麗に仕上げます。


2019/10/02

P9050012.JPGP9050011.JPGP9060013.JPG

Z33のツインターボ仕様メンテナンスの続きです。ヘッドガスケットに若干の抜けが有ります。かなりギリギリのセッティングをしていたようでノッキング跡も見受けられます。ブロック及びヘッド面の歪をかなりシビアに点検します。


2019/09/12

P9030004.JPGP9050007.JPGP9040006.JPG

Z33のツインターボ仕様が調子悪いとの事でメンテナンスします。制御はエアフロでトラスト製のコンピューターで制御しています。ここまでのチューニングの場合、純正コンピューターをマップの一部に使用するとやはりどこかに無理がかかります。従って今回当社にて修理するにあたりフルコンに交換しセッティングします。


2019/09/10

P9020002.JPGP9020001.JPG

JZA80RZをシーケンシャルミッションします。ミッションはRB26用なのでリアはアテーサユニットを外しFR化します。当然プロペラシャフトはRBとJZAの合体させセンターにスプライン加工し逃げを作ります。


2019/09/02

P8070214.JPGP8070216.JPGInkedP8070215_LI.jpg

NAロードスター、MONZAオリジナルターボシステムにフロントリップ加工取付け。MONZAオリジナルインタークーラーもかっこいいでしょう?


2019/08/21

P7230190.JPGP7230193.JPGP7230192.JPGP7230189.JPG

メルセデスの普通のシルバーの片持ちキャリパーです。AMGっぽく変身しました。見た目、カッコイイですね。


2019/08/11

1/44 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923