有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P4270060.JPGP4270059.JPG

完成です。4輪アライメントを調整しストリートでギリギリ走れる数値の調整しました。ヘッドライトも黄ばみで見すぼらしかったので研磨しクリア塗装でピカピカです。お客さま持込みの深リムホイールでも余裕です。


2018/05/10

P4230055.JPGP4210048.JPGP4230054.JPGP4250056.JPG

この様に全部外して塗装です。大変でしょう?4Drの外す部品の多い事!!


2018/05/08

P4210050.JPGP4210052.JPGP4210051.JPGP4180043.JPG

簡単に塗装すれば綺麗になると普通は考えますよね?実は塗装に至るまでが大変苦労するのです。前回の取付や塗装処理加工が悪いのでこの様にクラックや不定着などその処理に大半を注ぎます。以前当社で塗装したブルーの70も前の修理がひどい鈑金塗装でその処理が大変でした。一度剥離(に近い)し表面を処理してから塗装です。


2018/05/06

P4170037.JPGP4130032.JPGP4130031.JPG

Rフェンダーのカットラインでカットし鈑金、ボディ溶接を行います。その場合も鈑金しながらオーバーフェンダーに形状を合わせます。画像の様にピタリと合っているのが分かりますか?持込み時とは大きく違いますね!


2018/05/05

P4090019.JPGP4100022.JPGP4100021.JPG

形状変更後に仮付け、Rフェンダーカットライン鈑金製作に入ります。


2018/05/04

P4070016_01.JPGP4070014_01.JPGP4070018_01.JPGP4070015_01.JPG

一見簡単そうに見えますがR、ラインが全く違うのでFRP加工で形状変更しラインを削りながらの加工ですから大変ですよ。当然後でその形にボディをカットしますので正確に行う必要が有ります。


2018/05/03

P4040003.JPGP4040001.JPGP4040006.JPG

JZX100のオーバーフェンダーワイド化と全塗装です。当たり前ですがお持ちいただいた汎用オーバーフェンダー全く合いません!これからが当社の仕事ですね!はい、形状加工一式致します。


2018/05/01

P3090145.JPGP3090148.JPGP3090147.JPG

もう、すっかり定番になったガラスコーティング。なんでもかんでもガラスコーティングってうたっていますね。そうです!まがい物が多いのですよ!少しの成分を入れただけでガラスコーティングってのが多いのです。当社のガラスコーティングは県内初。当時はガラスコーティングって言葉もなかった時代です。成分は無機材97%の国宝にも使用されるもので、このビートルは更に新成分の有機材を上にダブルコートしました。現在、最強コーティングでしょう!!


2018/04/20

P3280016.JPGP3280014.JPG

FC3Sのハンドリングのウイークポイント(あくまでもフィーリング上)のトーコントロール。これが有るとお尻がグニャグニャするのです。キャンセルブッシュに交換します。


2018/04/12

P3060131.JPGP3060130.JPG

カムシール交換は結局タイミングベルト交換工賃と同じですからね。ベルト交換時はしっかり考えましょう。


2018/04/06

1/36 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923