有限会社 モンツァ

REPORT【REPORT blog】Monza Corporation -

Category Selected Entries Archives RSS1.0ATOM0.3
P3150007.JPGP3160035.JPGP3160032.JPGP3150001.JPG

よくモールの淵にポツリと錆が出てくる事が有ります。実はこのモール下では大変な事になっているケースが多く画像の様に表面には小指の先程の錆でしたがモール下はこの様に穴が開くほど錆が進行していました。当然すべて錆を除去し新たな鉄板を溶接貼り付け修理します。ガラスも外す大規模な修理になりますが進行するとルーフ交換まで発展しますのでご注意です。


2017/04/02

P3020062.JPGP3030065.JPGP3030064.JPG

GOLF2のスポーツマフラー(スチール製)の腐食穴あきの修理です。このマフラー結構良い音するのです。なので交換せず修理します。マフラー曲げの外側の肉厚は薄いのでこのように穴が開いたのでしょう。鉄板パッチ溶接で耐熱処理します。


2017/03/25

P2240048_01.JPGP2250051.JPGP2250049.JPG

鋳物ターボマニホールドのクラック修理です。ターボ車はタービンを回すためかなりの高熱がマニホールドに蓄積します。そのため温度差や素材の変化などでクラックが入る事が有ります。鋳物は普通の溶接ではなく画像のように鋳物に合った溶接修理をします。


2017/03/22

P2160020.JPGP2230046.JPGP2230045.JPGP2160018.JPG

プジョーの軽量フライホイール加工です。国内に軽量フライホイールが無いらしくしかも海外でも高価らしいです。純正を加工し軽量しバランス取りも行っています。


2017/03/13

P2220041.JPGP3010056.JPGP2230042.JPGP2220040.JPG

純正ブレンボのフルレストアです。熱で変色し汚いブレーキキャリパーが多く見られますね。完全にサンドブラストして肌をだし特殊な耐熱、高耐久性の普通の塗料とは違う特殊塗装をし高温窯にて焼付けします。もちろんシールは交換ですよ。印象がガラリと変わって良いですね。


2017/03/10

P2060110.JPGP2060115.JPGP2060112.JPGP2060109.JPG

130Zの天井内装の修理です。画像のようにもボロボロですね。普通は経年劣化によりこのようになります。ウレタン層のついた素材で張替えです。


2017/03/03

P2040107.JPGP2160014.JPGP2100127.JPG

大人しいセダンタイプの車両なのでフルチタンマフラーは有りません。ユーザーの要望でテールエンドも御指定のものを使用し太鼓から制作です。内部の消音加工したので静かで下品な音はしません。


2017/03/01

P1280078.JPGP1290083.JPGP1290082.JPGP1260068.JPG

S130Zのロールゲージの続きです。完全に形が決まった所で本溶接のTIG溶接します。終わったら錆止めの下処理をし本塗装をします。定番のブラックですがクリアーの2コート仕上げしています。


2017/02/09

P1260066.JPGP1260067.JPGP1260065.JPGP1260064.JPG
IMG_0298.JPG

S130Z/Tバールーフ2シーターの6点ロールゲージ製作します。もうキットではどこからも販売されていません。したがってワンオフ製作します。曲がりパイプでダッシュ逃げの曲がり寸法は大体の物を揃え現車にて合わせていきます。少しずつ全体の骨格を考え製作しますのでかなり大変です。ほぼ形が整ったところで仮溶接し再度採寸し決定します。


2017/02/08

P1270071.JPGP1270073.JPGP1200036.JPGP1270072.JPG

ランエボのヒーターコアの修理です。このパイプ付け根の漏れはダッシュボードASSY外して分解ですから結構大作業になるのです。しかし修理しないと走れませんね。


2017/02/05

<< 2/35 >>

page top



有限会社 モンツァ 石川県金沢市諸江町上丁626番地1 TEL 076-234-2922 / FAX 076-234-2923